インプラント治療なら宇都宮市のやまうち歯科クリニックへ。かみ合わせ重視・静脈鎮静法で不安:の少ない治療を。

  • スタッフ紹介
  • 医院紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 宇都宮でかみ合わせ重視・静脈鎮静法で不安の少ないインプラント治療ご提供するやまうち歯科クリニック「デンタル・インプラント・コンディショニング」の静脈鎮静法

    静脈内鎮静法とは

    静脈内鎮静法 写真 歯科治療は「怖い」「痛い」というイメージを持たれることが多く、実際に治療に対する恐怖心をお持ちの方はたくさんいらっしゃいます。そのような方は、通常の虫歯治療ならまだしも、インプラント治療や親知らずの抜歯など手術が必要な処置を行なう場合は、さらに恐怖心が強くなってしまいます。また、麻酔の注射を行なう際に歯肉に注射をされるのが怖い、という方も少なくありません。

    当クリニックでは、そのような方のために、緊張や恐怖心をなくしてリラックスした状態で治療を受けていただける『静脈内鎮静法』を導入しています。
    静脈内鎮静法は、点滴で静脈に鎮静剤を直接注入して麻酔状態をもたらす方法で、緊張や恐怖心、痛みを緩和させ、時間の感覚を麻痺させるので、治療時間が実際よりも短く感じられます。そして治療が終われば、治療中のことはほとんど覚えていません。
    ただし、静脈内鎮静法だけでは無痛治療にはなりません。局所麻酔を併用して無痛状態にしたうえで治療を行ないます。つまり、静脈内鎮静法で緊張や恐怖心をとり、局所麻酔で痛みをとる、ということになります。
    これにより治療の「怖い」「痛い」をなくすことができ、「いつの間にか終わっていた
    という感覚が得られるので、治療に対する恐怖心がある方には最適な方法です。

    このようなときに使用します

    • インプラント手術
    • 親知らずなどの抜歯手術
    • 歯周病手術
    • 抜髄処置(神経や血管の束である歯髄を取り除く処置)

    以上のように心身のストレスが大きい治療の場合はとくに効果的ですが、虫歯治療や歯石除去などでも使うことがあります。
    「治療が怖いから」と症状が悪化するまで放置するよりも、静脈内鎮静法を使って早い段階で治療を受けることをおすすめします。

    効果

    • 緊張状態が緩和され、リラックスできる
    • ぼんやりした状態になって時間の感覚が麻痺し、治療時間が実際よりも短く感じられる

    このような方におすすめ

    • インプラント手術、親知らずの抜歯、歯周病手術などを受けられる方
    • 歯科恐怖症で治療中に体調が悪くなる方
    • おう吐反射の強い方
    • 高血圧や心臓病などの疾患をお持ちの方

    以上のような深刻な症状がなくても、治療のことを考えると緊張して他のことが手につかなくなってしまう方や、よりリラックスした状態で治療を受けたい方にもおすすめです。

    静脈内鎮静法の施術の流れ

    STEP1

    点滴

    点滴

    まず静脈に点滴を行ないます。主に腕を利用しますが、患者さまによっては手の甲など他の部分を利用することもあります。
    点滴の注射の痛みを完全になくすことはできませんが、極細の注射針を使用するので、「注射が怖い」という患者さまでもほとんど苦痛を感じません。

    STEP2

    鎮静剤注入

    鎮静剤注入

    点滴が異常なく進んでいることが確認できたら、鎮静剤を注入します。
    鎮静剤の分量は患者さまの状態を見て判断し、調節しますが、歯科治療への恐怖心が強い患者さまであれば完全に眠った状態に、恐怖心があまりない患者さまであれば軽く受け答えのできる状態に調節します。

    STEP3

    局所麻酔

    局所麻酔

    患者さまが痛みなどを感じなくなったことを確認し、局所麻酔を行ないます。
    静脈内鎮静法は以上の流れで行ないますが、治療開始後も、患者さまの心拍数や血圧などのデータを随時確認しています。万が一患者さまの状態が急変しても対応できるように準備を万全にしていますので、ご安心ください。

    静脈内鎮静法Q&A

    静脈内鎮静法と全身麻酔はどう違うのですか?

    静脈内鎮静法

    • 眠くなるが、意識はなくならない
    • 自分で呼吸できる
    • 呼びかけや刺激に反応できる
    • 入院する必要がなく、当日帰宅できる

    全身麻酔

    • 意識がなくなる
    • 自分で呼吸できないので、人工呼吸器が必要
    • 呼びかけや刺激に反応できない
    • 入院が必要とされることが多く、当日帰宅する場合でも時間がかかる

    静脈内鎮静法は安全ですか?

    当院では、全身状態や薬剤について熟知し、臨床経験豊富な歯科麻酔専門医が静脈内鎮静法の処置を担当します。
    高度な技術が必要とされる治療分野ですが、患者さまの全身状態をしっかりと管理しながら行なっているので安全です。

    施術前後は、どのような処置が行われるのですか?

    術前に血圧、脈拍、心電図、酸素飽和度などのモニターをつけていただき、全身状態を確認します。その後点滴を行ないます。 モニターは、安全のため手術終了後までつけていただきます。
    施術後は特別な処置は行ないませんが、帰宅後は安静にしてください。眠気やふらつきが残ることがあるため車の運転はできませんが、翌日からは通常の生活に戻れます。

    静脈内鎮静法は保険が適用されますか?

    静脈内鎮静法は保険適用外の自費診療となります。混合診療(保険診療と自費診療が混在した診療)は禁止されているため、たとえば虫歯治療を保険診療で受けた場合、静脈内鎮静法を受けると自費診療となります。
    しかし、全身麻酔より安全性が高いため、多少費用がかかっても、静脈内鎮静法で治療を受けた方の多くが、再びこの方法を希望されます。

    静脈内鎮静法を受ける際の注意事項

    静脈内鎮静法をより安全に受けていただくために、患者さまにご注意いただきたいことがあります。以下をよくご確認のうえ、施術に臨んでください。

    • 術中の患者さまの状態を的確に把握するために、口紅やマニキュアを落としていただきます
    • 術後は眠気やふらつきなどが生じるため、通常の状態に戻るまでは院内でお休みいただきます
    • 術後は眠気やふらつきなどが生じるため、車や自転車の運転はお控えください
    • 施術当日は帰宅後も安静にしてください。翌日からは通常の生活に戻れます

    その他ご不明な点や心配なことなどがございましたら、施術前に歯科医師にお尋ねください。

    • インプラント
    • インプラント治療
    • 外科診療
    • 静脈鎮静法
    • インプラントと噛み合わせ
    • メンテナンス
    • セカンドオピニオン
    • 症例集
    • 患者様の声
    • インプラントブログ
    • やまうち歯科クリニック
    • 審美歯科専門サイト Case Record

    PAGE TOP

    Copyright© Yamauchi dental clinic. All Rights Reserved.