インプラント治療なら宇都宮市のやまうち歯科クリニックへ。かみ合わせ重視・静脈鎮静法で不安:の少ない治療を。

  • スタッフ紹介
  • 医院紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 宇都宮でかみ合わせ重視・静脈鎮静法で不安の少ないインプラント治療ご提供するやまうち歯科クリニック「デンタル・インプラント・コンディショニング」のインプラント治療

    インプラント治療とは

    インプラント治療 写真 インプラント治療とは、虫歯や歯周病、けがや事故など何らかの理由で歯を失ってしまった場合、歯を失った箇所の顎の骨に穴を開けてインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を取りつけて自分の歯の代わりとする治療法です。
    顎の骨に埋め込むインプラントは『チタン』という金属でできています。チタンは生体親和性(人体となじみやすい性質)に優れ、骨に異物と認識されずに細部まで取り込まれ、骨と強く結合して一体化するという特徴があります。そのため、自分の歯のように力を入れてしっかりと噛むことができ、自然な噛み心地を得られます。

    従来であれば、歯を失った場合の治療法は入れ歯やブリッジが主流でしたが、天然歯に比べて咀しゃく力(噛む力)や噛み心地が劣るというデメリットがありました。つまり、人工的なものでありながら、歯本来の機能である咀しゃく力としっかりとした噛み心地を得られるインプラント治療は、ひじょうに画期的な方法といえます。
    画期的なのは、それだけではありません。人工歯はセラミック(陶材)という白い素材を使用してつくられるため、外見が天然歯と変わらず、自分の歯のようにとても自然に見えます。
    なお、インプラント治療は、歯肉を切開して顎の骨にドリルで穴を開ける外科手術をともなうため、他の歯科治療よりもカウンセリングや相談に時間をかけ、検査や診断を慎重に行なうことが一般的です。

    インプラント手術の方法

    『2回法』と『1回法』

    インプラント手術には『2回法』と『1回法』とがあります。
    歯肉の切開を2回行ない、2次手術でアバットメント(インプラントと人工歯の連結部分)を取りつけるのが2回法、歯肉の切開は1回のみで、その際に『アバットメント』を取りつけるのが1回法です。

    2回法の特徴

    • 歯肉の切開を2回行なう必要があるため、1回法より患者さまへの負担が大きい
    • ほとんどの症例で適用できる
    • 歯肉を縫合して治癒期間を設けるため、感染の可能性が低い

    2回法の流れ

    1回法の特徴

    • 歯肉の切開が1回だけなので、患者さまへの負担が軽い
    • 顎の骨の量が十分に足りている必要がある
    • 骨移植や骨再生を併用する場合、2回法より感染の可能性が高い

    1回法の流れ

    2回法の流れ

    STEP1

    精密検査、診断、治療計画

    CTスキャン

    インプラント手術に際してひじょうに重要なのは、失われた歯の本数、残った歯の状態、骨の硬さ・大きさ、噛み合わせなどを正確に把握しておくことです。最初にレントゲンや歯科用CTなどを使用して精密検査を行なって、口腔環境や骨質・骨格などを確認し、その結果に基づいて治療計画を立案します。
    次に、手術の方法・流れ、通院期間、費用などについてのカウンセリングを行ない、患者様に同意いただいたうえで治療を開始します。骨の量が少ない方の場合、骨造成手術などの説明・相談も行ないます。

    STEP2

    1次手術(インプラント埋入手術)

    1次手術

    歯肉を切開し、顎の骨に埋め込むインプラントと同じ長さ・太さの穴をドリルで開けます。
    インプラントを埋め込み、『カバースクリュー』(顎の骨とインプラントが定着する間、インプラント上部の穴に骨や歯肉が入り混んでふさがらないようにするためのねじ)を取りつけます。
    歯肉からカバースクリューが出ないように縫合し、1次手術が終了します。

    STEP3

    治癒期間

    治癒期間

    埋め込んだインプラントと顎の骨が結合するまで、治癒期間を設けます。骨の状態や治療箇所によって異なりますが、約3~6ヵ月となります。
    STEP4

    2次手術(アバットメント連結手術)

    2次手術

    歯肉を切開し、カバースクリューの上に新たにつくられた骨を削り、インプラントからカバースクリューを外します。
    アバットメントを連結するために、インプラントの上の不要な骨を削ります。インプラントにアバットメントを連結し、上部が歯肉の上に出ている状態にして、2次手術が終了します。

    STEP5

    人工歯装着

    人工歯装着

    噛み合わせを確認しながら人工歯を取りつけます。

    STEP6

    メンテナンス

    メンテナンス

    耐久性に優れ、長期間使用できるインプラントですが、歯周病には注意が必要です。最悪の場合、インプラントが抜け落ちてしまうこともあります。
    インプラントを維持するためにも、日ごろから正しい方法で歯磨きを行い、お口の中を清潔に保つことが大切です。そして半年に一度は定期検診を受け、骨の状態や噛み合わせなどを確認してもらいましょう。

    1回法の流れ

    STEP1

    精密検査、診断、治療計画

    CTスキャン

    インプラント手術に際してひじょうに重要なのは、失われた歯の本数、残った歯の状態、骨の硬さ・大きさ、噛み合わせなどを正確に把握しておくことです。最初にレントゲンや歯科用CTなどを使用して精密検査を行なって、口腔環境や骨質・骨格などを確認し、その結果に基づいて治療計画を立案します。
    次に、手術の方法・流れ、通院期間、費用などについてのカウンセリングを行ない、患者様に同意いただいたうえで治療を開始します。骨の量が少ない方の場合、骨造成手術などの説明・相談も行ないます。

    STEP2

    インプラント埋入手術

    インプラント埋入手術

    歯肉を切開し、顎の骨に埋め込むインプラントと同じ長さ・太さの穴をドリルで開けます。
    インプラントを埋め込み、上部を骨の外に出しておきます。
    インプラントにアバットメントを連結し、上部が歯肉の上に出ている状態にして、手術が終了します。

    STEP3

    治癒期間

    治癒期間

    埋め込んだインプラントと顎の骨が結合するまで、治癒期間を設けます。骨の状態や治療箇所によって異なりますが、約3~6ヵ月となります。
    STEP4

    人工歯装着

    人工歯装着

    噛み合わせを確認しながら人工歯を取りつけます。

    STEP5

    メンテナンス

    メンテナンス

    耐久性に優れ、長期間使用できるインプラントですが、歯周病には注意が必要です。最悪の場合、インプラントが抜け落ちてしまうこともあります。

    インプラント治療のメリット・デメリット

    歯本来の機能である咀しゃく力としっかりとした噛み心地を得られ、外見が天然歯と変わらず自然なインプラント治療は、従来の入れ歯やブリッジに比べて優れた治療法であるといえます。
    しかし、インプラント治療には難点もあります。メリットだけではなくデメリットをしっかりと理解し、納得したうえで治療を受けましょう。

    メリット

    • 安定した噛み合わせを長期間保てる
    • 天然歯と変わらない自然な外見を得られる
    • 失った歯の数が多くても、咀しゃく力としっかりとした噛み心地を得られる
    • 顎の骨とインプラントが強く結合して一体化し、咀しゃくの刺激が伝わるため、顎の骨の衰退を防止できる
    • 日ごろから適切なケアを行なっていれば、良好な状態を長期間維持できる
    • インプラントが抜け落ちてしまっても、再び埋め込むための手術を行える

    デメリット

    • 外科手術なので、患者さまへの負担が大きい
    • 治療期間が長期に及ぶ
    • 保険適用外の自費診療なので、費用が高額になる
    • 日ごろから適切なケアを行なうよう留意し、半年に1度は定期検診を受ける必要がある

    インプラントメーカーとさまざまなインプラント

    インプラント治療で使用するインプラントは、1種類ではありません。製造に携わっているメーカーは国内外を問わず50社以上あるといわれ、1社が複数種製造するなど、世に送り出されるインプラントはじつに多種多様です。
    骨の状態や治療箇所によって、「○○社の△△インプラントが適している」という考え方はできますが、形状や表面性状、安全性などはほぼ確立しており、大差はありません。
    当クリニックでは患者さまの症例に合わせ、以下のインプラントのなかから最も適したものを使用しています。

    バイコン(アメリカ/バイコン社)

    20年以上の臨床実績と35年以上の研究開発実績を持つ歴史あるインプラントシステムで、世界各国で使用されています。

    3i(アメリカ/バイオメット3i社)

    アメリカでのシェアはトップクラスで、世界でも第3位という高いシェアを誇っています。

    SPI(スイス/トーメンメディカル社)

    比較的新しいインプラントシステムです。

    ブローネマルク(スウェーデン/ノーベルバイオケア社)

    骨と結合するインプラントを世界で初めて展開し、長い臨床実績と高い信頼性がある、世界で最も有名なインプラントメーカーです。

    カムログ(ドイツ/カムログバイオテクノロジー社)

    世界各国で使用されているインプラントシステムです。

    POI(日本/京セラメディカル株式会社)

    日本のインプラントシステムのなかで最も歴史があり、国産インプラントでは第1位のシェアを誇ります。

    • インプラント
    • インプラント治療
    • 外科診療
    • 静脈鎮静法
    • インプラントと噛み合わせ
    • メンテナンス
    • セカンドオピニオン
    • 症例集
    • 患者様の声
    • インプラントブログ
    • やまうち歯科クリニック
    • 審美歯科専門サイト Case Record

    PAGE TOP

    Copyright© Yamauchi dental clinic. All Rights Reserved.